子供の進学に備える学資保険

子供の進路選択をフリーハンドで考えさせてあげたいものです。とはいえ、子供は成長するにつれて、しだいに必要になる費用も増大します。なかでも進学を選ぶとなると、一度に入学金をはじめ、年間を通しての学費が一度に舞いこんできます。十分に備えておかないと、月々の収入だけでは支払いきれない事態になってしまいます。その結果として、奨学金の借り入れなど、将来に返済を回すことになってしまいます。そこで子供が幼くてまだまだ経済的にゆとりを感じている段階から学資保険に入っておきたいものです。進学の際にまとまった金額が下りることになるので、負担を相当に軽減することができます。また仮に保険料の支払いの途中で重度障害になったり、死亡してしまうようなことがあっても、そのまま保険料が免除されたまま補償が継続されますので、子供の将来に対してかなりの安心を持つことができます。

学資保険に入れています

独身の頃は生命保険に入っていな買ったのですが、結婚してから主人と二人で生命保険に入ることにしました。生命保険と言っても、お金に余裕がない我が家は最低限の補償のみの保険で、保険料も二人で8,000円ほどです。その後子供が生まれ、主人が会社に保険の勧誘に来た人にいろいろ聞いて、子供を学資保険に入れることにしました。と言っても、実際に入るのは母親の私です。父親より母親の方が保険料が安くなるそうです。どんなシステムになっているのかわかりませんが、保険料は安いにこした事はないですよね。通院や入院で保険が効くのはもちろんですが、小学校卒業、中学校卒業、高校卒業時にお金が下りるので、貯金をしながら更に万が一にも備えることが出来、とてもいい保険だなと感心しています。今は子供が3人になり、家族5人の保険料は月25,000円位です。色々な特典が付いた高い保険でなくても、うちはこれで十分です。

子供のために学資保険を考える

子供は非常に大切な宝物です。その子供に良い教育を与えて上げることは親としての使命と言っても過言ではありません。そのために、定期預金をすると言うことも良い方法ですが、資産運用の方法として考える必要があるのが、学資保険です。これは、元本よりも大きなお金が返ってくる方法であるため、非常に安定した資産運用といっても良いでしょう。子供のために貯金をするのであれば、おおよそお金がかかる時期がわかるため、この学資保険を利用していくことは非常に魅力的なものになります。最近では、いろいろな商品があるため、自分たちにとって有利なものを探していくことも必要なことです。非常に有利な運用を可能にしてくれる保険会社もあるため、有効に利用していくことが必要です。子供にして上げることをしっかり考えることは親の役目といえるでしょう。

小学校受験は詰め込み式では合格出来ません。では、どんな教育が効果的でしょうか。 小学校受験に強い伸芽会では、想像力、体験力、自助力を養う教育で子どもたちを合格へ導きます。 独自の教育方法で15万人以上の卒業生を送り出してきました。 また、 伸芽会で行っている小学校受験の公開模試には、毎年2万人が参加しています。 伸芽会では、受験した子どもからの情報をもとに過去問題集を制作しています。 小学校受験をお考えなら幼児教室へ