学資保険に入ってて助かったこと

子供が生まれると同時に学資保険に加入しました。月払いと年払いがあり、年払いにすると一年で一ヶ月分位安くなるので、払う時は金額が大きくなるけれど年払いにしました。保険の種類も色々あるのでよく調べて、自分たちのライフスタイルに合うのもを選ぶのがいいと思います。民間の会社だとお祝い金が節目節目に出るし、配当金が付いたりします。お得な感じがしますね。私はお祝い金も配当金も一切手を付けず、満期になるまで貯金として残しておいたので、子供の大学進学の際にまとまったお金を用意することが出来ました。知り合いの方で、満期になる前にお祝い金を使ったり貸付をして使った人がいて、その方は満期で受け取る金額が少なかったそうです。ただ、学資保険が無いと駄目!という決まりがある訳ではないので、全ての人が入る必要は無いと思います。私のように貯金が苦手な人は、嫌でも溜まって行くのでいいのではないでしょうか。

学資保険のメリットとデメリット

私の場合ですが、子供が生まれてすぐに、18歳満期の学資保険に加入しました。理由としては、子供の病気や怪我の際にかかる入院費と、主人に万が一のことがあった場合、学資保険に加入していれば、それ以降の支払いが免除となるが、保険自体は継続して使える、保障されるということ。それと何といっても、大学へと進学した時にかかる費用のためでした。満期を迎えるまでに3回の一時給付金もあり、また実際入院した既往もあり、助かりました。そして、大学進学にかかる費用として、今となっては積み立ててきて良かったと思います。ただ、今の世の中において、あまり景気が良くないので、学資保険をかけても、利息がほとんど付かなかったりすることもあります。良く調べたほうが良いと思います。人によっては、加入せずに子供の進学費として、別に貯蓄をされたりしている方もいらっしゃいます。

教育費に備えて学資保険を利用しよう。

学資保険は、子供の将来の教育費に備えて掛ける保険です。子供一人を育てるには多額のお金がかかるので、しっかりと準備する為に加入すると安心です。子供が小さいうちから少しずつ積み立てていけば、将来まとまった額になります。また、節目の入学などの時期には祝い金が出るので、大きく貯金を減らさずに準備が出来るでしょう。貯蓄が苦手な方には積み立てになっていくので、自然のお金が貯められる制度であると思います。仮に契約期間中に親に万一の事があった場合には、その後の保険料の支払いが免除されるというメリットもあります。子供が保険期間中に病気になってしまった場合にも手厚い保障が得られる保険もあります。毎月決まった額を掛けていくのは大変ですが、将来子供にしっかりと教育を受けさせてあげる為にも加入し備えておくと良いでしょう。