学資保険は元本保証を確認

子供の養育に関しては、衣食住に費用がかかるのはもちろんですが、学費の負担を忘れてはなりません。高校までは、公立一本なら、学校に関するそれほど費用はかからないかもしれませんが、大学となると、例え国立に通う事になったとしても、それなりに高額の費用がかかります。そこで、子供が誕生したら、将来の学費などにそなえて学資保険に加入して準備をしておくのが得策です。しかし、このような保険にも、いろいろなタイプのものがあります。積立金のように、出資額に上乗せして返済されるものもあれば、投資のように、運用益から上乗せするものなど様々です。期待できる上乗せ分が大きいほどよいのは確かですが、そのリスクに関しては十分確認しておく事が必要です。特に、保険によっては、元本が減額されるリスクをはらんでいるものもあるので、この点については注意する必要があります。

学資保険加入のメリットとは

子供が産まれると学資保険に加入する方が多いと思いますが種類は多様にあり、保険会社だけでも何十社あるのでどこに加入するべきなのか悩むと思います。まずは資料請求をし、見積りをしてもらうことが大事です。たくさんの保険会社の中から自分に合うところに決めます。種類でも大学入学などの教育資金のための貯蓄を目的とした学資保険と同じ目的は持ちつつも子供のケガ・入院なども視野に入れた保険本来の機能も備えた子供保険とあります。学資保険は保険料を払えば必要な時に資金を受け取ることが出来ます。子供保険は主に子供の医療保障に重点を置きながら、教育費のための資金に備える保険と言えます。受け取り時期なども様々で満期とか入学時とか決めることが出来るので保険会社と納得いくまで話すことが必要です。資料の取り寄せや見積りはインターネットでも出来ます。

子供と両親の為の学資保険

子供が生まれた時、将来の進学のことを考えて、学資保険に入ろうか悩んだことがありました。それは、毎月一定額を掛けても、貰える時はその掛け金よりも少なくなるんじゃないかと思い込んでいたからです。そして、そうなるくらいなら自分たちで貯金していこうという考えもありました。しかし、子供が生まれてから予想していた以上に生活が厳しいという現実に直面しました。これでは、子供の進学資金なんて貯められないと思い、それなら強制的にでも貯めていくことができる学資保険に入ろうかと検討しはじめました。それから、保険員の方に話を聞いていると、掛けたお金よりも受け取り金額が減るということはないと知りました。それなら、もう加入しようと思ったのですが、子供の医療特約もつけておいた方が良いと言われました。今は乳児医療があるので必要ないと思いましたが、もしもの時にお金が貰えるのでお得と聞き、医療にかかる掛け金が月額が500円にも満たなかったのでつけておくことにしました。今思えば、無理矢理にでも加入しておいて良かったです。でないと、今頃は進学資金0円の状態でした。